Bitcoinで一週間生活してみたら思いの外楽しめた。

最終日

 

そんなこんなでBitcoin生活、本日で最終日です。

ここまでの生活を振り返ってみても、正直そんなに困ることがありませんでした。
がっつり遊んでますし、行くとこ行くとこ全部正解なもんで楽しいばかりです。せっかく挑戦と銘打って実践してみたにもかかわらずこの体たらく。正直タイトル詐欺もいいところです。

ただ、これがなかなか難しいんです。

実家での食事もカットしたらマジで死にますし、移動で現金を使えなかったら会社もろくに通えません。こんなこと考えるまでもなく脊椎反射でわかりそうなことですがまだまだ本当にBitcoin”だけ”で生活をするのは難しいでしょう。
ただ、Bitcoinだけでも想像以上に楽しむことはできます。僕の予想よりはずっと浸透してました。

そんなこんなで最終日、やってきたのは「ハッカーズバー」です!

 

「目の前でハッカーがリクエストに応じて作品を作ってくれる」という思いつきもしないような斬新なコンセプトのバー。六本木駅7番出口から徒歩1分で着きます。

 

IMG_6497

 

 

こんな感じで普通にお酒が出てきます。ステッカーももらえちゃいました。

かっこいいのでAppleのシールを貼り付け「これはmacだ」と言い張る母親のWindowsに貼り付けてやりたいと思います。

 

普通にお酒を飲みながら、ハッカーに作品をリクエストします。この日はWebが得意なハッカーの方だったので、「ビッチを探すWEBサービス」を作ってもらおうとしましたが一緒に来ていたメンバーが何も言わずにジッと見つめてきたので「リア充を探すサービス」を作ってもらいました。

そして出来上がったのは「ツイッターで特定のワードをつぶやいている人のアイコンを表示する」というもの。そもそもリア充ってどんなやつのことを言うかあやふやなので、特定のワードでアイコンを表示させ、アイコンからリア充を判別するということにしました。

 

きる前

「フェス」とかかな?いや、違う「絆」だ。あ、カタカナでね。それも「キズナ」じゃなく「キヅナ」。

 

ハッカー

「夢」とかどうです?

 

きる前

それだ!

 

そんなこんなで盛り上がりました。あまりにも無駄なものをお願いしたので「絶対に上司になってほしくないタイプ」と隣からなじられまくりましたが、個人的にはめちゃくちゃ楽しめました。また行ってみたいですね。

ちなみに、一番女子の自撮りアイコンがたくさん出てくるキーワードは「ミリヤ」でした。
そんなこんなで最後のBitcoin支払いをして

 

使用Bitcoin:0.10358BTC(≒3,000円)

 

終わりましたー!Bitcoin生活終了ー!

 

 

まとめ

 

使用Bitcoin総計:0.52128BTC(≒15,000円)

 

何度か書きましたが、普通に楽しい一週間でした。

ルールを甘めに設定したということもありましたが、むしろいつも適当に遊びに行くより数倍面白い場所にたどり着けました。

 

会計は本当に簡単でした!ただ、この辺は電子マネーと同じかもしれません。カードを使わない点は電子マネーよりいい、と一瞬思いましたが、おサイフケータイなんてのもありますしね。

ただ、Bitcoinの着目すべきところは会計の手軽さではなく管理の仕組みとのこと。

僕も詳しくは理解できていませんが人ではなくシステムで総量が管理されているので、非常に公平です。人が管理するとなるとどうしても国家を超えた通貨は「誰が管理するの?」という話になるので作り出すのが困難ですが、システムであればその心配はありません。正しく理解しきっていないので僕も誤解しているかもしれませんが、すごい未来のある仕組みだと個人的に思っています。
まだまだ浸透していない、むしろ危ないものの代名詞みたいに感じている人も多いと思いますが今後の発展に個人的に期待しています。

ただ、現金を使えるようになったのでしばらくはこの自由を謳歌したいと思います。よっしゃー!金の蔵で飲むぞー!セブンのドーナツ食べるぞー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、言いたいところなのですが、

 

 

残高.001

 

 

 

 

 

残高2

 

 

僕の現金不自由生活は、まだ始まったばかりだ!

 

To Be coutinued.001